ジョナサンの・・・いろいろ世界の映像文化祭

古今東西なんのその、おもしろ動画を見つければ、言葉のカベを乗り越えて、次元を超えて捕らえます。自称映像マニアの送る、超暇人系映像ブログ、今イザ行かんとここにあり。

世界一簡単な構造の電車

以下の文章は、動画サイトから抜粋したものです。

 

◆ 動く仕組み

乾電池、ネオジム磁石(メッキされているもの)、裸銅線を用いてこのような動力を得ることが出来ます。
ポイントは、磁石は乾電池の直径より大きいものを用いることです。
それによりコイルにはネオジム磁石を通して電流が流れ、磁石と磁石の間の区間だけはコイルが電磁石になります。
その電磁石と中のネオジム磁石が片側では反発し合い、片側では引き合い大きな推進力となります(同じ方向に力が働く)。
そして、それが移動先でも続きます
ただし、そのような動力を得るためには、磁極の向きが重要で、両端が同じ極、例えば、

NS 乾電池 SN

という具合にする必要があります。
お暇なときにお子さんたちと一緒に作って遊んでみてはいかがでしょうか。

 

と言う訳で、映像の方を見てみましょう。・・・不思議です。