ジョナサンの・・・いろいろ世界の映像文化祭

古今東西なんのその、おもしろ動画を見つければ、言葉のカベを乗り越えて、次元を超えて捕らえます。自称映像マニアの送る、超暇人系映像ブログ、今イザ行かんとここにあり。

ゴンドラの唄 ・・・映画「生きる」から

映画「生きる」 ・・・ご存知だろうか?

 

WIKIから・・・

『生きる』(いきる)は、1952年(昭和27年)に東宝で公開された日本映画である。監督は黒澤明、主演は志村喬。昭和27年度芸術祭参加作品。

黒澤監督作品の中でも、そのヒューマニズムが頂点に達したと評価される名作で、その題名通り「生きる」という普遍的なテーマを描くとともに、お役所仕事に代表される官僚主義を批判している。主人公の志村喬は、胃癌に侵される初老の市役所市民課長を熱演した。劇中で彼がゴンドラの唄(吉井勇作詞、中山晋平作曲)を口ずさみながらブランコをこぐシーンは、名シーンとしてよく知られている。・・・

 

・・・今回は、この映画の中で流れる唄。「ゴンドラの唄」だ。 ・・・聴いてみよう。